スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【炎】『好きだよ。~99回の後悔~』7月のこと


劇団炎舞さん。
アタシの「特別」な劇団さんです。
もうかれこれ
ファン歴も10年選手です←昭和

いまや
お芝居の台詞も覚えてしまったり、
表情や声で
体調わかったり←パドックか🐴

カラオケ行くと、もん太さんの
イントロ前の玉置宏調な
ナレーションがほしいのです。

アローナイツの曲をきくと
ペンライトふりたくなるのです。

P2900778.jpg


「みちゆき」聴くと思わず
自然と口を大きく開けているのです。
すでに生体反応だ。

もービョーキですわ。
認めますわ。

でも人間って、アレですな、
ファン歴も長くなると甘えるのです。
いろいろ。ホント、いろいろ💦

最近、たくさんTwitterやブログで
ファンの方々が炎舞さんの
画像やレポあげていて
(アタシ書かなくていっか)つー甘え。

でもアタシのブログきっかけで
劇団炎舞を観てファンになった、と
うれしいことを言ってくれた人たちに
これじゃー申し訳ないのです🙇

好きだよ。 ~100回の後悔~

曲のタイトルじゃありませんが、
好きなのに、好きだからこそ
劇団炎舞さんに対して
できること、できてなくて。
わかる?この複雑な乙女心。

なんか、なんか
サックリとブログを書けなくて。

好きだけど
100回以上の後悔ですわ。

なので
1個でも後悔が消えるように。
99回の後悔になるように✨

…っつーね、
えらい長ぇ前置きなのですが
7月からの関東公演の炎舞さんを
分けて書こうかと。備忘録的に。

沢口靖子のリッツパーティが終わっても
こちらはいつ終わるのかわからん
寿限無ブログと思ってくれ✋

++++++++++++++++++
注1・
あくまでも一個人の感想です。
注2・
場合によってネタバレもあります。
++++++++++++++++++


7月の木馬館公演。
あいにくの雨の初日でしたな。

でも開場前に雨がやむという
“もってる”炎舞でしたよ✨

P2890446.jpg

…や、でも
7月はひどく暑い日が多くて
「🚨⚠︎熱中症注意☀
日中は外を出歩かないように」
て、ニュースで言ってて
もってるのか、もってないのか笑

7月はやっぱり
鷹勝くんの花形昇進ですな。

「僕はお芝居が大好きなので、
 もっともっと精進してがんばる」と。

鷹勝くんのお芝居への意欲、考えが
好きなのですごく楽しみ(σ・∀・)σ

P2990417.jpg

P2990469.jpg

———————
昼/お芝居「男の花道」
―――――――
人気上方役者・中村歌右衛門=鷹勝
先代の弟子・歌之助=ひろと
蘭学医・玄碩=炎鷹
玄碩の弟子・嘉助=光鷹
沼津藩主・水野=鷹志
玄碩の昔なじみの医者=美炎
中村屋座元=ボス

―――――――
歌右衛門・鷹勝君の芸道と義理、
どっちも筋を通す男気とか
歌之助役のひろとさんの
しっかり父がサポートするあたり。

玄碩先生、座長の
いろいろ頑固な医者だけど、人がよくて
見事に笑いもがっつりとっていて、
弟子の光鷹君が
ここもしっかり座長というか
玄碩先生をサポートするあたり。

最後にストーリーと同じ、
鷹勝君と座長の
互いの窮地を救う固い絆ね✨


―――――――
夜/お芝居「種子島大作」
―――――――
種子島大作=鷹勝
毒玉お藤=麗花

吉田三五郎=炎鷹
大岡越前守=鷹志
海野備前守=ひろと
大名=光鷹

伊勢屋主人=もん太
おみつ=紅葉
新吉=美炎
熊=ボス

―――――――
こちらは「やりたい」という気持ちが
先行してしまった感かな。
もっともっと「悪」で「ゲス」でも
よかったかなと。憎たらしい程の。
また何度か場数を重ねて
さらに極悪になった
大作やお藤に会えますように(*^_^*)


そそ。
下旬くらいから新人の炎若くんも
舞台にでるようになりまして🙌

すでに炎舞の弟ポジ、極めたり✨

ああもう、純度の高さ✨
ホントかわいいです😊

P3100967.jpg

P3100980.jpg

P3100993.jpg

P3110045.jpg


7月はたくさんのゲストさんが
来てくれていました。

劇団神楽の雅舞子副座長、
お芝居も舞踊も
一気に惹かれました😍

P3080628.jpg

P3090163.jpg


神野座長はお芝居に
出られませんでしたが
女形が色っぽかったー(*^_^*)

P3080924.jpg

P3080965.jpg


なかなか仕事で行けなかったけど
劇団新さんとのコラボや
都若丸劇団とのコラボと
眼福な公演も目白押しだったよね。

アタシは都若丸劇団との
コラボの日に行けましたマリオ

若丸さんとこの画像が
SNSに貼れないのは残念です💧

―――――――
お芝居「血染めの纏」
―――――――
<め組>
小頭・勇みの六蔵=炎鷹
二代目 若 辰五郎=都若丸
一松=都剛
千太=都星矢

<番外組>
鉄五郎=あきら
番外組=ひろと、光鷹、鷹志、美炎、炎乃介
堀田内膳=ボス
堀田家来=鷹勝、鷹乃介、力鷹

―――――――
いつもの「血染めの纏」が
スペシャル版ですよ。
番外組や堀田家来の人数の多さったら。
着物、足りた?マイク、足りた?


そりゃ~
一松と千太が、二代目に
はやく帰ってきてほしいよね
と、思うくらいに

今の状況を打破してくれそうな、
頼りがいも、明るさも兼ね備えた
もはや「正義」のランドマーク、
二代目の若ちゃん。

それに対して
やさぐれ感と、本音は言えませんっつー
ニオイをミョンミョンと放っている
六蔵の炎鷹座長。

剛副座長と花形の星矢さんが
またいい表情、演技するんだ😭

六蔵の、一人乗り込む戸口前、
怒りで奥歯をギリギリ音を立てて
立ち上がる場面、
くるぞくるぞ!いくぞいくぞ!と。
あの数秒、お客さんとの
怒りの共有がたまらん。

ボスの暴走は、しこたまワロタw

若ちゃんが
「うちのオヤジより立ち悪い😅」と
言って、思わず膝を打った。

舞踊ショーでは
若丸座長「絶好調❗(σ・∀・)σ」
炎鷹座長「最高潮❗(σ・∀・)σ」
↑若ちゃん公認

座長同士の相舞踊、合同の組舞、
ミックスジュースもアンコールもあり
ああ、もうかなりの獲れ高。
全方位的にハッピーエンド✨


7月、
実は大入りにつながらない日も
たくさんあったのだけれど、
それはそれで、いろいろと
勉強になったんじゃないかな、と。

いや、アタシたち、お客さんもね。
年末まで関東にいるとわかって
「次に行けばいいや」という甘え。

でもどんなにお客様が少なくても
来ている皆様に楽しんでもらおうと
がんばっていました、炎舞の皆さん✨

P2980211.jpg

P2970669.jpg

P2970169.jpg


親子舞踊もありました😊
P3030045.jpg

P3030094.jpg



こちらも親子舞踊😊
P2920160_20170915063709c8d.jpg



…が。
P2920145.jpg

P2920147.jpg

P2920151.jpg

P2920152.jpg

ウインクかまして去っていった…



P3030689.jpg

P3080518.jpg

P3080040.jpg

P3110632.jpg

P3110211.jpg

P2970244.jpg

P3000649.jpg

P2980446.jpg

P3030424.jpg



P3120595.jpg

P3030652.jpg

P3070751.jpg

P3070893.jpg

P3110935.jpg


7月まとめ、おしまい❗

書き残し、たくさんあるけど
これ以上書いたら長過ぎて
99回の後悔どころじゃなくて
101回目の後悔だよ。
SAY, YES!←菊池桃子じゃない\(^o^)/

スポンサーサイト

【章】章劇さんの『花かんざし』


小学生の頃から「読書感想文」は
あらすじ書いて文字数かせぐタイプの
フルギーです。こんにちは。

40代になっても小学生脳のままなのが
今回書いてよくわかりました。

長くてネタバレだけど許してね工事中

7月の大島劇場公演で
「悲恋 花かんざし」が観れましたまりおたん

++++++++++++++++++
注1・
あくまでも一個人の感想です。
注2・
場合によってネタバレもあります。
++++++++++++++++++


★お芝居「悲恋 花かんざし」

瓣太郎(べんたろう)/澤村蓮
お花/菊小鈴
瓣太郎の弟分・新吉/美月流星
般若一家若衆/城山ゆう斗、澤村樹
般若一家の雇われ浪人/瀬川伸太郎

お花の父、眼医者(高須)/澤村章太郎



親子は娘・お花の見えない目を治すため、
田畑を売り払い、その金で江戸へ二人旅。
通りかかった十国峠で、
お花の父親は持病のしゃくで倒れてしまう。

お花に
水を酌んできてくれと二人が離れた時
物盗りを装った浪人に父親は金を奪われ、
抵抗したがため(抵抗しすぎて笑うけど)
浪人に刺されて殺されてしまう。

戻ってきたお花には何もわからず
倒れた父親の近くで泣き叫んでいると
顔の片方に大きなやけど傷のある
やくざ風情の男、瓣太郎が通りかかる。

目の見えないお花を
ひとり、この物騒なところに
置いて行くわけにも行かねぇ、と
瓣太郎はお花を家に連れて帰ることに。

親父さんのそばに落ちていたのは印籠。
ただの物盗りの仕業かと思っていたが
その印籠の家紋をみて、
瓣太郎はグッと印籠を握りしめた。

瓣太郎の家で世話になることになったお花。
瓣太郎は「お花坊」と親しみ込めて
呼んでいるところをみると
すでに心を許している感じ。

お花坊がひとつお願いがあるという。
「兄さんの顔をさわらせてくれ」と。
「ココロのキレイな人は、顔もキレイだ」
そう、おとっつぁんから聞いている、と。

やけど傷のある顔をさわらせたら
ココロも汚いと思われてしまう、
淡い恋心を抱いている(かも?)瓣太郎は
弟分・新吉が
絶妙なタイミングで家にきたので
お花坊に嫌われたくないという思いから
新吉の顔を自分の顔だとお花坊にさわらせる。
(ポットネタはここでも健在)

やっぱり兄さんはキレイな顔だわ、と
満面の笑みを浮かべているお花坊を
ポーットした顔で…あ、間違えた
ぽーっとした表情で
お花坊を見つめる新吉。

工事中全部書きそうだから中略工事中

そしてタイトルになっている
「花かんざし」の場面がでてきます。

先に新吉が
近所の“おし”のおじさんのマネをして
(“おし”はしゃべれないこと)
お花坊に買ってきた花かんざしを
髪にさしてあげたところに、

同じくお花坊のために
花かんざしを買ってきた
ホクホクの瓣太郎が
絶妙なタイミングで帰ってくる。

花かんざしで知ってしまった
新吉の恋心に、怒りだす瓣太郎。

自分のお花坊への想いは
新吉に伝えてあるからだ。

待ってました、三角関係。

工事中全部書きそうだから中略 パート2工事中

その後、
眼医者(高須)の治療のおかげで
眼が見えるようになったお花坊。

「この高須がな、
 眼を治すついでに二重にして、
 まつげもクルンとしてやったぞ」

YES、高須クリニック。ナイス、後見グッド!

ーーーーーーーーーー

瓣太郎と新吉は決着をつけることに。

そこに絶妙なタイミングで
あらわれたのは般若一家。
新吉が般若一家の賭場で
悪い動きをしていたからだ。

が、そこに
一家に雇われた浪人もいた。

そう、印籠を落とした、あの浪人。
瓣太郎は新吉との決着はあとまわし、
お花坊の親の仇をとる。

次は新吉の番と、二人が刃を向けた時
眼医者が絶妙なタ…で、止めに入る。

「喧嘩をしてる場合ではない、
 お花が、お花坊が
 眼が見えるようになったのじゃ」

眼の見えるようになったお花坊が
まっさきに向かったのは…

そしてお花坊は、瓣太郎をみて
「“おし”のおじさんもきてくれたのね」


怒り狂った瓣太郎。
新吉を斬ろうとした時
お花坊が身を挺して
「兄さんを斬らないで!!」と。

自分が惚れたがため、
カッコつけたかったため、
お花坊によく見られたかったため、
すべて今までしたことのあらゆる
悔やみ、後悔からの怒り、そして落胆。
立ち尽くす瓣太郎。

悔しさで瓣太郎は
持っていた手ぬぐいを噛みつつ、
“おし”のおじさんを演じます。

最後に二人をみて
「あああああああ!!!」
という雄叫び。

そして
地面にこすりつけるくらい頭をさげ、
カラダはワナワナと震え、
地面につけた両手は
ぎゅーっと握りしめた固い拳に
だんだんとなっていく。

二人の幸せを祈ると共に
「あの時、顔をさわらせていれば」
「あの時、気持ちを打ち明けていれば」
「あの時…あの時…」

「あのまま目が見えなければ」という
邪念もあったんだと思う。想像だけど。
そんなことを少しでも考えてしまう己にも
怒りがこみあげていたんだと思うな。

すべてが集約されていた。


いやーーいいお芝居。せつねーーー汗

何度か違う劇団さんでも観ているけれど
(炎舞さんだと『独眼竜濡れ燕』)
章劇さんでは2度目、かな。

章劇さんらしく
ちょっと笑えるところも作りつつ、
ひとりひとりがキャラ立ちしてる。

座長の、顔に傷があるため、
男前な性格をしているのに
どこか自分を卑下しつつ、
素直になれないとこもわかったし。

P2790480.jpg

新吉の飄々としている感じ、
浪人の絶対悪な存在感、
眼医者の笑わす安心感。笑

最後の最後に
小鈴さんの泣きで、あれはやられるし。
小鈴さんの泣き演技はすごい。

で、ちょっと覚えてないんだけど
最初、瓣太郎が
顔をさわらせる新吉に
声をだしそうになったら
“おし”のおじさんのマネしとけ、
みたいなくだりってあったっけ?

話それるけど、“おし”って言葉も
今じゃ使わない(使えない)言葉だね。
めくら や つんぼ、中風、白痴とか
今じゃ大衆演劇でしか聞かない言葉かも。

なんだ、なんかまとまりないけど
章劇さんの悲恋モン、いいよね。

喜劇も好きだが、
ガッツリした芝居が好き。

次は「北向きの虎」書きたい。
(読書感想文になるけど)

【演】哀川まこと出演舞台「明日の大地」初日観に行った



レイランド プロ
プロデュース公演第1回

『明日の大地』
初日に行ってきました!\(^o^)/

元・新生真芸座
「哀川まこと」が出演✨✨
(画像は新生真芸座の時のもの)

P1840852.jpg

しかも
主演3人のうちの1人に選ばれた、と。
居てもたってもいられんお


scan-001sss.jpg

scan-002sss.jpg


++++++++++++++++++
注1・
あくまでも一個人の感想です。
注2・
ネタバレ有!ご注意を。
++++++++++++++++++


【 あらすじ 】
上野戦争後、逃走した彰義隊残党の一部は、北陸や常磐、会津方面へと逃れて新政府軍に抗戦した。転戦を重ねて箱館へ。
明治2年5月11日、新政府軍、箱館総攻撃が開始される。
新撰組土方歳三率いる旧幕府軍「蝦夷共和国の理念」を胸に、蝦夷共和国設立に尽力したアイヌ一族と共に最後の戦いに赴く。



…いやね、
チラシとあらすじをみて

「ん。やばい、なんか
 漢字ばっかで難しそーだな、おい。
 あのあたりの時代背景も
 よく覚えてないし…」

と思ったのですが(←かなりな大人

前勉強しなくても、すんなりと
話に入っていけました。
大丈夫、保証する。
重くない。安心して!笑

新政府軍、土方の旧幕府軍、アイヌ一族と
出演者がたくさん出てくるけど
ひとりひとりの人間性が
しっかりと描かれます。

軍のため、
戦わなくてはならないという
男たちの使命、苦悩。

敵同士だった者たちが
アイヌ一族の献身的な愛により
新たに芽生えた仲間意識。


話の展開、ホント面白く
笑いもちりばめられてるし、
ホッコリも泣けるトコも多々あり。

子役たちが愛らしく、
大人を引き止める場面は
大衆演劇の「ちゃん!行かないで!」
ぐらいに泣けます。


我らの哀川まことは
アイヌ一族の「アシラン」✨✨

男が少ない村なので、
女なのに男として生き、
村の皆を守るために
武装をしている女性です。

マコから聞いていた
オスカル要素って…これか!!

と、のっけから膝を打ちます。

あ。オスカルだけど
途中、ナウシカにもなるぜ。

マコらしい役で、ニマニマしますぜ。

殿方に
「お前は女として生きたくないのか」
的に言われちゃったりして
ひゃだ!なになに?
アンドレ登場か?なシーンも。


眼福すぎて、思わず
ま…こと…ばんざ…い…!
と、フルギー昇天✨
berubara.jpg


んで、ヒロインの
アイヌ一族、エテノアを演じる
川嶋杏奈ちゃん。

マコのブログで
仲いいというのを見ていて
注目してたのですが。
や。ナマのほうがかわいいです。

立ち回りのシーンも実は多いなか、
ヒロインの癒しが沁みます。

エテノアちゃんの
恋の行方、ここも見逃せないっす💕

あと、
ミュージカルと聞いていたけど
ミュージカル的要素は少なめ。

和楽器(鼓、笛や箏)の生演奏が
歌舞伎のように演技にあわせて効果的。
堅苦しくなくカッコいくて、思わず
「や、太鼓習うか」と
友人と話したほどに。

マコが急遽決まった舞台ですが
できたらたくさんの人に
観てもらいたい舞台です。

新生真芸座で培ったものが
しっかりと舞台にでていました✨

公演は27日まで。
お誘い合わせの上、ぜひまりおたん



🔶公演日程
6月24日(土)13:00/18:00
  25日(日)13:00
      26日(月)13:00/18:00
      27日(火)12:00/17:00

🔶会場
浅草雷5656会館 ときわホール
(浅草寺の裏あたり)

🔶料金
前売 5,000円
(当日5,500円、平日昼のみ4,500円)

【章】種まいて、花咲かせて、実をつけていかなきゃね


3月は篠原演芸場
劇団章劇でしたまりおたん

178074.jpg


今月観劇3回中、2回は芝居で
座長が頭皮ヤバかったという
驚きの結果に。(この引きのよさ)

P2740990.jpg

P2740991.jpg

P2740994.jpg


章劇は
座員が昔から多い方ではなく
一人二役はこなしてるイメージ。
でも、少ないながらも
しっかり芝居を魅せてくれる。
それが章劇の強味だった。

だから今回も「や、大丈夫でしょ」と
行く前は思っていたんだけど
さらにメンバーも少なくなり
ずいぶん苦戦してました(俺データ比)

そんななかでも篠原公演は
たくさん企画をしていたようで
ツイッターで流れてくる報告TLが
とても楽しみだったんだ(*^_^*)

記憶にあたらしい、
千秋楽のことを書いておきますまりおたん
(じゃないと忘れる)

++++++++++++++++++
注1・
あくまでも一個人の感想です。
注2・
あえて敬称略してます。
注3・
場合によってネタバレもあります。
++++++++++++++++++


章劇お別れ狂言は定番の
★お芝居「桶屋さん」

親方=蓮座長
女房=大門さん

弟子 A作=せがしん
   B作=章太郎後見


配役書いただけで笑う。
なかなかないよ?
こんな大人だけの喜劇て。
おどけ方がすべて昭和。

流星さん、ゆう斗くんは
いい感じに…天然持ち合わせてるし。

俺が涙流して笑ったのは
ゆう斗くんの“関西弁で言おうと
がんばったが、アクセントの入れ方が
スリリングすぎて、
日本語すら危うかった”件。
ホント、天然は強い笑


しかも
フリーダムな弟子2人・章伸。
いうこと聞くわけねーし。

蓮座長は章伸の
すべてのボケをひろってく。

蓮ちゃんが
まんをじしてノリツッコミしても、
章太郎さん、動かぬこと山のごとし。

大人たちがそれぞれに
自由の羽根をひろげすぎて、
独走状態が半端なく
あ、そこ、ひろってあげてーって笑

そりゃ蓮座長 頭もバーコードになるわ。


最終的に蓮座長、
「職権乱用すな!
 せやからワシ、
 そっちの役(弟子)やる、言うたやろ!?
 扱いづらさ…満開~(←ここだけ小声
 やりづらい~そういうの気づいて?笑」


もうアドリブなのか懇願なのか。

章劇らしいゆるさで、笑ったわー。
かなりの獲れ高きらきらきら~♪
「章劇みてる」と思う安堵感(*^_^*)

どの芝居も章劇さんのは好きだけど
次はがっつり芝居に当たりますように!




★舞踊(抜粋)
★ミニラスト
P2740957.jpg


P2740968.jpg


P2740976.jpg





★樹くん
千秋楽に「一期一会」で踊るなんて。
扇を落とすとハニかむ笑顔が初々しいきらきらきら~♪

前回「蝋人形からの、紅」でびびった。
面で踊ってたり、好きな方向性は確実に
あるんだろな。これからが楽しみマリオ

P2750184.jpg





★ゆう斗くん
彼のキャラはいいよなぁマリオ

P2750271.jpg


「お笑いの日」に
某おにぎりお好きな人に
扮装したんだが、似合いすぎて草ww

P2740620.jpg

影まで神ってるきらきらきら~♪





★菊小鈴さん
いつも芝居で身長ネタされてたなw
紅一点、やっぱそこだけ華やかになる。
女優さんは必要ね。とてもかわいい人ラブラブ

P2740795.jpg


P2750018.jpg





★美月流星座長
シャッター押すと毎回眼をつむる。
今回やっと慣れてきましたw
クールそうだけどかなりイジラレキャラ。
すごく舞台で脇にまわって動いてたきらきらきら~♪

P2740831.jpg


P2750282.jpg


P2750293.jpg


こーせーくんとの親子舞踊も
かわいかったわー(*´ω`*)

P2750120.jpg


P2750142.jpg





★大門力也さん
蓮ちゃんの扇で。
痩せられて、出てきたときは
思わず声が出たくらい。
だけど過剰な心配はふきとんだ。

人間的重みというか、貫禄は
前よりずっしりと感じたような。

P2750449.jpg


P2750458.jpg

最後に座長が出てきて
感謝を込めてハグしてたんだけど、
「ああ、いい関係なんだろな」と
微笑ましくなった。

P2750459.jpg





★瀬川伸太郎座長
この方も脇にまわって動いてた。
まだまだ中心で
舞台に立ちたいだろうに。

今の章劇には
いなくてはならない存在きらきらきら~♪
3.11震災から6年目の日、踊った
「人生しみじみ」は涙でた。

P2750154.jpg


P2750163.jpg


P2750326.jpg


P2750346.jpg






★章太郎さん
章太郎さんの舞踊も、演技も
いちいちカッコイイです。

P2740912.jpg


P2740926.jpg


P2740942.jpg


P2750047.jpg

話はそれるけど、炎鷹座長が小さい頃
憧れていた役者さんの名前をあげた時に、
章太郎さんの名が
すぐに出てきたことがありました。
役者さんも憧れる存在きらきらきら~♪





★相舞踊
なんかずっとバタバタしてたな笑

P2750241.jpg


P2750247_20170402191320aea.jpg


P2750234.jpg


P2750257.jpg





★蓮座長
蓮座長の舞踊は、あったかい。
…ふわっとした表現でごめん。

曲によって、カメラ人間としては
「止まりやがれ」と思うのだが(何様)、
そのブレもイイ意味で蓮座長らしい。

P2740849.jpg


P2740867.jpg


P2740870.jpg


キメはこう、視線はこう、とかの
型にはめられた舞踊だけではなくて
(もちろん袴とかはキチッとだが)、
手足をめいいっぱいのばす。

悲しい表情も、とびきりの笑顔も
めいいっぱい客席に投げる。

それがとても清々しくて、
観ていて楽しくなる。元気になる。

P2740894.jpg


立ちも女形も皆に感謝する選曲で。

P2750074.jpg


P2750075.jpg


P2750368.jpg


P2750382.jpg


♪あなたの瞳にうつる未来を
 祈っているよ

ゆっくりとお客様を
一人ひとりみて頷く座長。

P2750383.jpg

前は蓮ちゃんの舞踊を
「自然体」って表現してたけど
今回はさらに力強さがあった。





★ラスト「おれの道」
P2750514.jpg


からのアンコール。

P2750516.jpg


P2750517.jpg


P2750520.jpg

放置プレイ。


わちゃわちゃ感に
笑顔が伝染する(*^_^*)

P2750532.jpg


P2750533.jpg


P2750534.jpg


P2750535.jpg


P2750537.jpg



最後のご挨拶。
蓮座長の口上が心に残ります。

P2750619.jpg

1日1日、舞台をこなすのが必死で
中日くらいに、体力も精神面も
皆、おちかけそうになりました。

でもこうやってふりかえってみれば
あの試練も楽しかった、と。

これもお越しくださり応援してくれた
お客様のおかげです。感謝します。

(ひとりひとりを労いつつ)
でも今月、一番がんばったのは
(若手の)樹とゆう斗です。
毎日稽古で辛かったろうに
とてもがんばってくれました。

と、若手くんを皆の前で褒める座長。
二人とも「てへへ」と笑ってたけど
あれは嬉しかっただろうな(*^_^*)

P2750594.jpg


P2750599.jpg


そそ。3月篠原の
目標動員人数も達成できたとのこときらきらきら~♪

会長には
「本当によくがんばったね、
 二重マルあげるよ」
と言われてホントーに嬉しかったと。

「でもこれからだよ。
 これから種まいて、花咲かせて、
 実をつけていかなきゃね」

とも。いい言葉ねー(*^_^*)

何度も何度も震えた声になっていて
涙をこらえた、いい口上でしたきらきらきら~♪

章劇の千秋楽はじめていったけど
あたたかい千秋楽でホクホクモナー

先月は個人的に
親の入院とか、仕事のトラブルとか
もうベコベコだったので
章劇のがんばりに励まされ、
助けられたわグッド!


章劇さんの公演先は
4月は四日市のユーユーカイカン

5月は立川けやき座
ゲストでフリーの「天夜叉」さんも
いらっしゃる予定だとか。
楽しみ!!!!!

新生章劇、
ちょっとゆるいとこも
ちょっと頼りないとこも、
でも、とても一生懸命なとこも
すべてを観て感じてくださいね(*^_^*)

P2750262.jpg

愛燦燦。



先日起こったことを
忘れたくないので書いておこう。

母は今月入院をしていたが
「春の彼岸には家に帰りたい」と
ずっと呪文のように言っていたので
ちょっとムリヤリに18日退院。

だが、
デイサービスで倒れ救急車で運ばれ
24日からまた緊急入院となった。

「退院させたアタシのせいだ」と
自分を責めながら
入院で必要なものをバッグに詰め込む。

でも電車に乗ってバス乗って…が
途中、涙出そうだったから
どうしてもタクシーをつかまえたい。

すると、祈りが通じたかのように
タクシーがきたが、回送中。
あきらめた時「乗りますか?」と。
運転手さんのやさしさで止めてくれた。

「○○病院まで乗せてほしい」と伝え、
俯いていると

「私、お客さんを6、7年くらいまえに
乗せたかもしれません。
…落語好きじゃなかったですか?」と。

そのおっちゃんは
なかなか通らない道で客をひろい、
その病院までと言う人も
なかなか居ないので覚えていたらしい。

しかもその「落語」というのは、
このブログに書いたんだけど

そう、このおっちゃんだったの!!

すっごいココロが軽くなってね。
「運命だねー」って(*^_^*)

このおっちゃんのタクシーのって
前回は母が回復に向かったんだから
今回も大丈夫だ、と。そう思えた😊

もろもろの用事をすませ、病院では
泊まれないので、病院でたあと篠原へ。
「行くよー」て言っていたからね。

その日は章劇さんの「お笑いの日」でさ。
途中からだったけど、笑ったわー。
ホント元気もらった(*^_^*)

そのあと仕事を片づけて、
ちょっとひとり呑みたくなって
まだ一回しか行ったことない店だったけど
ふらっと吸いよせられるように入った。

落ち込んでいたのがバレたのかな、
大将と従業員さんがとても優しくて
ずっと話しかけてくれて
最後には巻き寿司にあら汁、
デザートまでサービスしてくれた。
帰りにはお土産まで持たせてくれた。

これから通うとココロに決めたわ。
…おごってほしいとかじゃなくてね笑

んで、きのうは「哀川まこと」の
新生真芸座を卒業してから
初のステージをみた。新しい世界で
イチからがんばっている姿に
感動して、目頭を熱くした。

人は必要な時に
必要なタイミングで
必要な人と出会うんだ

♪人生って うれしいものですね

そう感じた今日このごろです✨✨


プロフィール

フルギー

Author:フルギー

大衆演劇のことばかり書いてます。
自他共に認める酒好きです。
ツマミはトマトをご用意ください。
「拍手」押してもらえると喜びます。

★Twitter フルギー @frugiii←クリック
ブログ更新情報ほか、軽くつぶやいてます
++++++++++++++++++
注1・
あくまでも一個人の感想です。
注2・
場合によってネタバレもあります。
注3・検索避けのため、あえて劇団名や名前を
伏せ字、誤字にする時もあります。工事中
++++++++++++++++++

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

counter

フリーエリア

★メッセージはこちらから★


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。